特別展 医は仁術

特別展「医は仁術」イメージビジュアル

医の原点は江戸にあった!新発見!『杉田玄白の直筆の漢詩』『日本最古の解剖原図』世界初公開!

日本の医学・医療は世界の最先端と言われていますが、その始まりは江戸時代にありました。 山脇東洋が日本初の人体解剖を行い、その情報により各地で解剖が行われるようになりました。 また1774年、杉田玄白らが翻訳した『解体新書』は、蘭学が急速に日本中に広まるきっかけとなりました。 人々を救うために、正しく人体がどのような構造であるかの解明が、漢方医らも含めて始まったのです。
本展では、当時の希少な解剖図などの史料の他、江戸時代の医療道具等も展示し、中国から来た漢方と西洋から来た蘭方が、 「医は仁術」が実践された日本で、いかに独自に発展して人々を救ってきたかを探ります。
また、最先端医療では、人体の可視化をテーマに3Dプリンターによる臓器モデルなど、日本が世界に誇る技術を紹介します。 77年ぶりに発見された杉田玄白らの直筆掛軸や山脇東洋の『蔵志』原本が初公開となります。

1.杉田玄白漢詩&解体新書

杉田玄白漢詩
※国立科学博物館所蔵

1774年に出版された日本初の本格的翻訳西洋解剖書の解体新書の中心人物であった 杉田玄白と桂川甫周の直筆書巻が新発見され、本展で世界初公開となります。これは玄白が蘭学発展の功績を認められ、 将軍に会う事の喜びを詠った漢詩などの貴重な史料です。

2.山脇東洋観蔵図

山脇東洋観蔵図
※国立科学博物館所蔵

1754年、日本で初めて京都所司代の許可を得て行われた人体解剖の記録図。 1759年に「蔵志」として出版されました。本図は山脇東洋の印「賜養寿院」があり、新発見の原図です。

3.五臓六腑生き人形

五臓六腑生き人形
※国立科学博物館所蔵

解体新書などの影響を受けて製作された漢方の内景(五臓六腑)人形。現存する唯一の医学生き人形と考えられる貴重な史料です。

4.エレキテル

エレキテル
※国立科学博物館所蔵

平賀源内が日本で初めてエレキテルを製作して以後、医療用のエレキテル研究は蘭学の重要分野でした。

未来へつながる最先端医療の現在

江戸時代初めて人のからだを解剖し、出版された「解体新書」から240年あまり。
現代医学によって人のからだは次々に解明されています。
最先端医学や先進の医療機器によってわかってきた、からだの中の構造や機能を映像、CG再現、模型などによって紹介します。

3Dプリンターによる臓器モデル

利用目的:外科手術や病気の研究

近年、注目を集めている3Dプリンター。
実際の患者からCTスキャンした画像データをもとに、3Dプリンターで作成した臓器モデルを展示します。
外科医は患者の病気の状態を目で確認して手術の計画を立てたり、手術前のシミュレーションをするなどの活用をしています。

3D臓器イメージ

人体のプロジェクションマッピング

利用目的:外科手術の補助

イベントなどで見かけるプロジェクションマッピングも外科手術に活用されています。
手術を受ける患者に、CTデータをもとにした本人の体内画像を投影することで、手術の目標、避けなければいけない臓器や骨、 血管などを可視化することができ、安全に手術を行うことを補助することができます。
展示では、その技術を利用し、実在の人物のCTデータで作成した映像を等身大の模型にマッピングすることで、体内の様子、 身体の構造や働きなどをわかりやすく説明します。
※東京展以外は、テレビモニターでご紹介します。

プロジェクションマッピングイメージ
大沢たかお

スペシャルナビゲーター決定!大沢たかお

TBSドラマ「JIN-仁-」で現代から江戸時代にタイムスリップする医師、南方仁(みなかた じん)役を好演した大沢たかおさんが、本展で皆様を江戸の世界にご案内いたします。
また音声ガイドのナレーションもつとめます。

鉄拳

鉄拳 オリジナル描きおろし「パラパラ漫画」

映像シアターでは、いま話題沸騰の鉄拳によるオリジナル描きおろし「パラパラ漫画」。
テーマは「受け継がれる仁」。江戸時代から現代まで、「仁」をもって医療にあたる医師たちの活躍と、病気やけがに苦しむ患者たち、 医療現場で生まれる喜びと悲しみ…
鉄拳ならではの視点で「医は仁術」を感動的に描き出します。

back top