特別展 医は仁術

特別展「医は仁術」イメージビジュアル

第二章 東から西から~医術の伝来

日本における医は、それ以前に東や西から伝えられた医術が、江戸時代という平和な世のなかで日本独自に発展した。
東西から医に関する知識の導入が行われ、漢蘭の知識、そして理念を学ぼうとした。しかし当初、医を受けることが出来たのは一部の人たちであり、 また伝来した医術をそのまま受け入れ実践する中で始まった。

会場写真

展示スペースメニュー

back top