特別展 医は仁術

特別展「医は仁術」イメージビジュアル

「医は仁術」開催間近!カウントダウン企画!鉄拳さんが特別展「医は仁術」のために書き下ろした新作パラパラ漫画「受け継がれる仁」。その一部を毎日公開!!

鉄拳さんのパラパラ漫画は「医は仁術」映像シアターだけでごご覧いただけるオリジナル作品です。
続きは是非会場にてお楽しみください。

小石川養成所

「江戸の町にあふれる、身よりのない病人たち」

「一人の町医者の訴えが、幕府を動かした」

「1722年、小石川養成所開設。貧しい人々に無料で医療が施された。」

解体新書

「西洋の解剖書の正確さに驚く3人の蘭学者」

「解剖書の翻訳を思いたった3人だが・・・」

「翻訳着手から3年、1774年『解体新書』完成」

華岡青洲

「麻酔薬の開発を決意する華岡青洲」

「妻の失明という大きな代償をはらい、麻酔薬完成」

「1804年、世界初の全身麻酔による乳がん手術に成功」

種痘

「天然痘の猛威の前に為す術もない医者たち」

「1849年、西洋から伝わった種痘に初めて成功」

「希望の種は子供から子供へ植え継がれ、広がっていった」

楠本イネ

「オランダ軍医から西洋医学を学ぶ幕末の医者たち」

「その中に、シーボルトの娘イネの姿もあった」

「江戸から明治へと変わる激動の時代。イネは女性医師のさきがけとして、その力を尽くした」

back top